2016年02月18日

2月11日・第6回小金井まちあるき

ハケの坂道を歩く・その1
今回から数回に分けてハケの坂を巡ります。
先ずは小金井の東端、二枚橋からです


二枚橋東側の坂

01二枚橋東01.JPG02二枚橋東02.JPG03二枚橋東03.JPG

西部多摩川線に沿った東側、車の通れない靜かな坂道です。
ICUの敷地は環境緑地になっています。最近看板が出来ました。
途中、整備した時に発掘された遺跡のたてふだがあります。



二枚橋の坂

04二枚橋の坂01.JPG05二枚橋の坂02.JPG06二枚橋の坂03.JPG

二枚橋から東八道路へ抜けられるので交通量が多い坂です。
途中馬頭観音の石碑があり、昔からの道であったことが判ります。
下って左折するとトンネルがありますが狭くて車のこすった後がいっぱいあります。


公園内の坂・1

10公園内の坂01.JPG11公園内の坂02.JPG

武蔵野公園内東のはずれにある坂道です。
擬木で整備された靜かな階段ですが、なんと大げさな入り口でしょう。
これはよく分かりませんが夜間通行禁止になるためのようです。


公園内の坂・2

13デッキの坂01.JPG14デッキの坂02.JPG15デッキの坂03.JPG

これも武蔵野公園内ですが巨大なデッキ状の階段です。
陽当たりが良いせいかいつもお年寄りが日向ぼっこをしています。
となりにある靜かな階段状の坂道は以前からあったそのままです。


みはらし坂

16みはらし坂01.JPG17みはらし坂02.JPG

ひさびさに車の通れるひろい坂です。
公園整備と共に名前が付けられましたが、
上部の竹林とともにキレイにしすぎ、という印象です。
途中、宅地造成中に見つかった遺跡の看板があります。


ムジナ坂

18ムジナ坂01.JPG19ムジナ坂02.JPG

付いた名前がなるほどと納得できる鬱蒼とした林の中の坂道。
登って右折したところに立派なヤマザクラがあります。
市の東区域では野川に行くのに一番使われているハケの代表的な坂道です。
で、ここに都市計画道路!?!?!?


観音坂

20観音坂01.JPG21観音坂02.JPG

坂道を緩く曲がると左手に梅林があります。
そこに立派になった子育て観音があります。
ここも新しく標識が出来ました。


ミニ坂

107コタンの坂.JPG
108閑坐の坂.JPG109バラの坂.JPG112草地の坂.JPG

数軒のための通り抜けできない短い坂がいくつもあります。
宅地化された際の露地に当たるのでしょうがどれもどれもしっかりしています。


車が通れる広い坂や急な石段など、
ハケの上と下を結ぶ坂道はこの地域に暮らす人々の思い入れや苦労が偲ばれます。
次回は西の中央部へ。



posted by みどり at 17:03| Comment(0) | 報告 | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

10月23日、11月1日・第5回小金井まちあるき

ハケから野川、そしてまたハケへと一巡り
ハケの緑地と湧水、野川、そしてまたハケの上へと廻りました。
案内人をポイント毎に交代するという贅沢な企画です。


001.jpg

連雀通りの平代坂への下りくち、
北から流れてきた小金井用水の水路の説明です。


002.JPG

坂の東側に広大な梶家の屋敷があります。
板碑や印塔など貴重な文化財が保存されています。


004.jpg

梶家の向かい側はどんぐりの森公共緑地です。
楢や樫、椎などドングリのなる樹が多く、子供たちがどんぐり拾いをしています。


005.jpg

他にも実の成る樹が多く、イイギリなど赤い実が目立ちます。
これはゴンズイ。釣りで外道とされるゴンズイが名前の由来ですがなぜでしょう。


006.jpg

薬師通りを越えると遊歩道南6です。
付近の湧き水が流れ、短いけれど気持ちの良い小径です。


007.jpg

遊歩道を抜けると野川が広がります。
ここは自然観察者のメッカ、いつも誰かが草むらや川底を覗いています。


008.JPG

これはミヤマアカネ。美しい真っ赤な秋のトンボですが
ちょとこの辺り個体数が少なくなっているようです。


009.jpg

旧野川の一部が湧水の道という名の遊歩道になっています。
野川はずいぶん蛇行していたのですね。


010.jpg

此処は小金井市の西の外れ、鞍尾根橋です。
西側の国分寺市の野川はコンクリートで固められています。


011.JPG

川の近くの樹木や草の茎に見られるジャコウアゲハの蛹。こんな石垣にも・・・。
別名「お菊虫」と呼ばれますが理由はお調べ下さい。


012.jpg

薬師通りの貫井神社は湧水が豊富です。
小金井市では最も古い貫井村の鎮守様です。


013.JPG

最後は貫井トンネルの上のはけうえ遺跡です。
旧石器時代と縄文時代初期の遺跡が多く出土されました。


015.JPG

楽習館に戻って参加された方の感想を記入してもらいました。
興味のあった場所のポイントを地図に落としました。


posted by みどり at 18:50| Comment(0) | 報告 | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

ハケの緑と下山谷の森

フォロー研の実地調査
フォロー研は環境政策課と市民の協同研究会です。
ハケの緑を中心に実地調査をおこないました。

IMG_0328.jpg

前原坂上から少し下ったところ右手のケヤキの並木です。
保存樹木に指定されています。


IMG_0334.jpg

金蔵院の巨樹群です。保存樹木もありますが
このケヤキとムクは市の天然記念物に指定されています。


IMG_0342.jpg

谷口邸の敷地内にお邪魔しました。都と市が指定している鬱蒼とした林の中に
湧水が絶え間なく流れています。


IMG_0354.jpg

こんもりとした樹林にはやはり生垣が似合います。
この生垣は市の保存生垣に指定されています。


IMG_0356.jpg

谷口邸とハケの道を挟んだ南側の「キンヒバリの里」は
ハケの森と一体化した緑地として保存が望まれています。


IMG_0358.jpg

かつて別荘地だったところを整備した「はけの森緑地2」です。
昔ながらの野草や昆虫が見られます。


IMG_0368.jpg

大きな敷地の幡随院は昭和になってからここに引っ越してきたそうでが
きれいに管理されたハケの森を背にしています。


IMG_0369.jpg

薬師通りの南に大きな鈴木農園があります。
その販売所にいらしたのは100歳を超えるお元気な方でした。


IMG_0371.jpg

ここ、どんぐりの森も別荘地だったところが緑地として保存管理されています。
平代坂を挟んだ向かい側の大きな農家と一体になって緑を深く感じる所です。


下山谷の森

緑町北高の北側、大きな農家の方が土地を寄付され
元からあった環境緑地と一緒になって新しくできた緑地です。

IMG_0375.jpg

鬱蒼としていた林と住居跡を整備して明るい雑木林になりました。
ケヤキやモミジ、タケなどの高木が明るい日を浴びて息を吹き返したようです。


IMG_0381.jpg

11月30日には開園式が行われ、寄贈された大久保タケさんはじめ、
たくさんの方が参加されました。


IMG_0380.jpg

減少していく緑の中で奇特な方がいらっしゃるのは本当にすばらしいことです。
また、古い地名が残ることも大切なことだと思います。

posted by みどり at 21:01| Comment(0) | 報告 | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

11月18日・第4回小金井まちあるき

ハケの緑ー貫井南ーハケの緑
しばらくご無沙汰だったまちあるきは市の南西、野川の南側を歩きました。
古い小金井の面影が残る落ちついた地域です。


1・滄浪泉園.JPG

出発は滄浪泉園、都が指定する特別緑地保全地区です。
私たちの大切な崖線の緑です。


2・弁車の坂.jpg

滄浪泉園の脇の弁車の坂。名前の由来から坂下に
水車を使っていた人がいたことが判ります。


3・遊歩道南6号線.jpg

遊歩道南6号には湧水が絶え間なく流れています。
きれいな水なのでゲンジボタルの幼虫の餌のカワニナが生息し、ワサビもあります。


4・鈴木農園の生垣.JPG

西へ向かい新小金井街道を渡ると大きな鈴木農園があります。
綺麗に刈られた生垣が印象的です。


5・鈴木農園の小径.JPG

この農園は敷地内を自由に横断できます。
ゆったりとした栗林がかつての小金井を彷彿とさせます。


6・ベルファーム.JPG

ここベルファームは市内に2ヶ所のうちのひとつ、体験型農園です。
農家の方の指導を受けながら野菜を作ることが出来ます。


7・リーフィア貫井南公園.JPG

このリーフィア貫井南公園は新規戸建て住宅と一体化した公園です。
周囲の街並みの緑と調和して新しい公園のあり方の参考になります。


8・大きな畑.JPG

北に向かうと古くからの大きな農園があります。
広く開けた空を気持ちよい風がながれ、豊かな気持ちになります。


9・庚申塔.jpg

民間信仰のひとつ、庚申の塔が三叉路の辻に建っていました。。
塔の側面には道しるべがあり、右すな川道、左こくぶんじ道とあります。


10・湧水の道.jpg

蛇行していた野川の一部が遊歩道として残っています。
貫井神社の湧水が流れ込んでいます。


11・貫井神社・真明寺.jpg

貫井村を守る貫井神社と真明寺が崖線の緑の中にあります。
湧水の出る貫井の地に水神様を招き、弁財天と称えたのがはじまりです。


12・三楽の森.JPG

ここも崖線の大きなみどりの三楽公共緑地です。
滄浪泉園と同じ別荘地として使われ、豊かな緑が保たれました。



ハケの上の新田として開拓された地域と異なり、古くから開けていた地域は
その歴史の史跡や神社そしてゆったりとした農地などが印象的でした。
そして野川の南側もやはり水に助けられ発展していったことがよく分かりました。


posted by みどり at 21:21| Comment(0) | 報告 | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

環境講座 2013.12.15

水・緑・土を暮らしに活かそう
~小金井市の魅力って何だろう~
講師 法政大学名誉教授 高橋賢一さん


002.jpg


過去3回のまちあるきを基に、総合的な問題を法政大学の高橋先生に講義をして頂きました。
上記のテ-マでお話しいただく前に三部会(地下水測定、まちづくり、緑調査)の部員が小金井市の北から南へ3ル-トを歩いて見たこと、感じたことを写真と図を使い説明しました。
それを受けて、高橋先生が「未曽有の郊外化で失った地域資源とその回復」と云う題名で、パワ-ポイントを使われて講演されました。
1960年代から現在に至る中央線沿線のまちづくりの変遷、これからの水・緑・土のこと。人口減少の中での住宅のこと。小金井市にとっての宝である国分寺崖線の緑。再認識しました。
まち歩き、緑調査をしていても緑が減っていくことばかりが目に付く中で、50年から100年といった長いスパンでまちづくりを考えていく。これからの活動にヒントを与えてくださいました。

参加者は33名。小金井市にある電機大学付属中学の生徒さんの取材があり、これは特筆すべきことです。


001.jpg

最初に小山さんが過去3回のまちあるきの報告をおこないました。


003.jpg

004.jpg

高橋先生の講義は、緑と人口の推移の問題、多摩川水域全体の問題など
広範囲にわたった内容でした。

005.jpg

最後に豊かな緑と清涼な水があると昔のように
コウノトリも飛来してくるという
大きな話でしめくくられました。

posted by みどり at 11:32| Comment(0) | 報告 | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

11月5日・第3回小金井まちあるき

小金井分水跡ー山王窪築樋ーどんぐりの森ー野川
第3回目のまちあるきは市の西側、小金井分水跡を野川までたどりました。
あちこちに支流の跡があり新田開発に大きな役割を果たしたのがわかります。


01-小金井分水取り入れ口.jpg

砂川用水からの分岐の水門です。
ここから南へ分水路は続きますが付近には水車跡もあります。


02-水道水源.jpg

小金井市の水道の水源です。
市内には水源がいくつかあります。


03-用水跡1.jpg

道の脇の草むらを覗いてみると用水跡だったのがわかります。
少なくなってきたヨメナが咲いていました。


06-用水跡3.jpg

都営アパート脇にははっきりとそのままの形が残っています。
ずっと南へ続いています。


07-遊歩道北2.jpg

この先は遊歩道北2として利用されています。
しっかりと舗装された立派な遊歩道です。


08-山王窪の築樋.jpg

仙川と交差する山王窪築樋です。
7〜8mも盛り土をして通しているのがわかります。


09-山王稲荷.jpg

小金井の新田開発は水の問題でずいぶん苦労したそうですが、
この山王稲穂神社は新田の守護神として造られました。


10-工業高校脇.jpg

線路をくぐった南側、工業高校の脇は道が不自然に広くなっています。
駐輪場の下を水路が走っていたためのようです。


11-平代坂.jpg

ハケの平代坂を下る途中、どんぐりの森公共緑地があります。
向かい側の大きな農家と共に豊かな緑を形成しています。


13-遊歩道南6.jpg

小金井用水跡からちょっとはずれたところの遊歩道南6です。
付近の湧き水が流れていて、短い遊歩道ですが貴重な歩道です。


小金井分水跡はかなりはっきりと途切れることなく野川へ繋がっています。
ここ小金井の大地に水が流れ野川まで続くと想像すると胸がたかまります。


posted by みどり at 17:37| Comment(0) | 報告 | 更新情報をチェックする

10月8日・第2回小金井まちあるき

梶野橋ー築樋ーけやき通りー関野天神ー笠森稲荷
第2回目は市内東側の用水路跡をたどってみました。
この用水は深大寺まで続き、手入れの時には深大寺村からも応援に来たそうです。


01-砂川用水.jpg

市内東西に走っていた砂川用水が南下していきます。
先ずは大きな農家の敷地内を斜めに横切っています。


02-梶野分水築樋.jpg

梶野分水築樋の下を仙川が北に向かって流れています。
土を盛って用水を流していたのがよくわかります。


03-屋敷林.jpg

大きな屋敷林があります。
用水は生垣の前を流れ手前に立派なケヤキ並木があったそうです。


04-畑.JPG

東側の畑は作物をていねいに作っていました。
この辺りには大きな農地があちこちにあります。


05-ケヤキ並木.JPG

クヌギ等が混在した狭い道路の片側だけのケヤキ並木です。
ここも用水路跡であることがよくわかります。


06-梶野公園.JPG

梶野公園は大きな原っぱの防災公園です。
手前の井戸は淺井戸で飲めませんが小さな子供たちに人気です。


07-畑の中を.JPG

中央線をくぐると大きな畑がふえてきます。
敷地内の農道をちょっと失礼して通り抜けさせてもらいます。


08-関野天神.JPG

関野天神は新田開発で苦労された農家の守り神です。
立派な木立に囲まれています。


09-笠森稲荷.JPG

笠森稲荷は幾重にも続く赤い鳥居が特徴です。
それぞれに寄進した人の名前が記されています。


10-農家の脇道.JPG

笠森稲荷の隣は大きな農家で、うっそうとした林と生垣が立派です。
緑豊かな気持ちの良い散歩道です。


11-西武玉川線.jpg

西武多摩川線はここ新小金井駅から崖の下を二枚橋に向かいます。
法面は草地でさまざまな野草が見られます。


中央線北側の用水路跡はかなりはっきりとその痕跡が判りました。また市内の東側は大きな農地がまだまだ残されており緑が豊かなのが印象的でした。

posted by みどり at 16:41| Comment(0) | 報告 | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

7月9日・第1回小金井まちあるき

玉川上水ー浴恩館通りー農工大ー栗山公園
小金井市内の水と緑と暮らしをテーマにまちあるきを実施しました。
第1回は市ほぼ中央の浴恩館ー農工大を中心としたコースです。


01-上水桜通.JPG

出発点は小金井公園入り口の南側、陸橋を渡った上水桜通り。
南へと向かいます。


02-山の神.JPG

坂を下りて緑桜通りをちょっと西へ行くと「山の神」があります。
この辺り一帯の農家の守り神でした。


03-浴恩館.JPG

雑木林とモミジ、サクラ等が混在した静かな浴恩館公園です。
浴恩館、消失した空林荘のほか水を循環させた池があります。


04-緑小ビオトープ.JPG

数年前に復活した緑小のビオトープです。
生徒たちの自然観察は続いているでしょうか。


05-緑道.JPG

途中、細い緑道がありますが水路跡のようです。
少し気をつけて歩いていると、市内にはこのような水路跡がいくつも見られます。


06-大久保家屋敷林.JPG

浴恩館通り突き当たりに大きな屋敷林があります。
この農家は広い畑があってたくさんのハウスもみかけます。


07-1-浴恩館入り口.JPG07-2-浴恩館入り口.jpg

北大通りの北高から浴恩館方面を見たところ。
昭和30年代はこんな感じでした。


08-竹藪.JPG

農家の竹藪はずいぶん減りましたが、ここも半減してしまいました。
それでも立派でムクドリがやかましく鳴いています。


09-農工大1.jpg

中央線南側の農工大は大きな緑地です。
サクラ、ケヤキやイチョウの並木が立派です。


09-農工大2.JPG

農工大の敷地の中央に小さな池がありますが
カルガモの親子がのんびりと泳いでいました。


10-栗山公園.jpg

農工大に隣接する栗山公園は子供たちでいつも賑やかですが、
樹木も多く池もあります。


11-東大通り.jpg

栗山公園の東側の東大通りはケヤキ並木です。
歩道側には緑地もあり緑の多いとおりです。


12-中町二丁目第3児童遊園.jpg

連雀通りに出ると西側の公園に井戸があります。
地下水調査部会が定期的に測定をしています。


ここから南、ハケを下って野川に出ますが気をつけて歩いてみるとまとまった緑がまだまだあることがわかります。猛暑の中のまちあるきでしたがいろいろと気の付くことが多く勉強になった一日でした。


posted by みどり at 23:24| Comment(0) | 報告 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。