2014年12月10日

ハケの緑と下山谷の森

フォロー研の実地調査
フォロー研は環境政策課と市民の協同研究会です。
ハケの緑を中心に実地調査をおこないました。

IMG_0328.jpg

前原坂上から少し下ったところ右手のケヤキの並木です。
保存樹木に指定されています。


IMG_0334.jpg

金蔵院の巨樹群です。保存樹木もありますが
このケヤキとムクは市の天然記念物に指定されています。


IMG_0342.jpg

谷口邸の敷地内にお邪魔しました。都と市が指定している鬱蒼とした林の中に
湧水が絶え間なく流れています。


IMG_0354.jpg

こんもりとした樹林にはやはり生垣が似合います。
この生垣は市の保存生垣に指定されています。


IMG_0356.jpg

谷口邸とハケの道を挟んだ南側の「キンヒバリの里」は
ハケの森と一体化した緑地として保存が望まれています。


IMG_0358.jpg

かつて別荘地だったところを整備した「はけの森緑地2」です。
昔ながらの野草や昆虫が見られます。


IMG_0368.jpg

大きな敷地の幡随院は昭和になってからここに引っ越してきたそうでが
きれいに管理されたハケの森を背にしています。


IMG_0369.jpg

薬師通りの南に大きな鈴木農園があります。
その販売所にいらしたのは100歳を超えるお元気な方でした。


IMG_0371.jpg

ここ、どんぐりの森も別荘地だったところが緑地として保存管理されています。
平代坂を挟んだ向かい側の大きな農家と一体になって緑を深く感じる所です。


下山谷の森

緑町北高の北側、大きな農家の方が土地を寄付され
元からあった環境緑地と一緒になって新しくできた緑地です。

IMG_0375.jpg

鬱蒼としていた林と住居跡を整備して明るい雑木林になりました。
ケヤキやモミジ、タケなどの高木が明るい日を浴びて息を吹き返したようです。


IMG_0381.jpg

11月30日には開園式が行われ、寄贈された大久保タケさんはじめ、
たくさんの方が参加されました。


IMG_0380.jpg

減少していく緑の中で奇特な方がいらっしゃるのは本当にすばらしいことです。
また、古い地名が残ることも大切なことだと思います。

posted by みどり at 21:01| Comment(0) | 報告 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。